<< ドクターズコスメ | main | エルセーヌの人気のコース >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2011.12.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

織田裕二の映画

映画関連情報・速達でお届け!!素敵なことがあったようです。 以下、(織田裕二「踊る」の青島に続く新キャラ創造に自信(VARIETY) より引用)
 織田裕二が主演するフジテレビ開局50周年記念映画『アマルフィ 女神の報酬』の製作報告会見が30日(木)、東京・内幸町の帝国ホテルで行われた。 『アマルフィ』への自信を語った織田裕二、天海祐希、佐藤浩市  人気作家の真保裕一と、フジテレビの大多亮プロデューサーがストーリーを構築し、西谷弘監督も加わって脚本を練り上げていったオリジナル作品。テロ予告を受け、邦人保護のためG8外相会議直前のイタリアに赴任した外交官・黒田康作が、日本人少女の誘拐事件をきっかけに、巨大な陰謀に巻き込まれていく。日本映画としては、初のイタリア・オールロケを敢行し、「フジテレビ製作の映画史上、最高額」(大多プロデューサー)を投じたサスペンス大作だ。  昨年12月から約3カ月、イタリアでの撮影に没頭した織田は「指名していただき光栄でしたが、脚本を読んで、なんて無茶な企画だと思った。しかもイタリア語のセリフが多い。それでも、素晴らしいステージを用意してもらい、役者みょう利に尽きる。現地の役者やスタッフの大変な協力もあり、今では無謀で新たな挑戦がどんな日本映画を生み出したのか、早く見たくてしようがない」と自信ありげ。製作サイドからは、黒田康作を「踊る大捜査線」シリーズの青島俊作に続く新たな人気キャラクターにとの期待も寄せられているが、「可能性を感じるキャラクターなので、皆さんが面白いと思い、やれといわれればぜひ」と、シリーズ化への意欲も見せた。  共演の佐藤浩市も、「日本映画の海外ロケは、観光映画の殻を破れないから大きらいだった。でも、向こうのスタッフの打ち込み方や、織田くんらが奮闘する姿を見て、懐の深い作品になりそうだと安心した」と納得の表情。天海祐希は、「織田さん、佐藤さんとは初めてお芝居でしたが、それを正面からものすごく近くで見られる幸せを感じていました。見目麗しい光景でしたね」と目を輝かせていた。
これも世のカタチのひとつ。へ〜、ほんとうなんでしょうか。
 なお、サラ・ブライトマンが全世界で1500万枚のセールスを記録した「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を主題歌として提供。本人役で出演もしている。  東宝配給で、7月18日(土)、全国で拡大公開。  また、黒田がイタリアに着く24時間前を描く序章「アマルフィ ビギンズ」が、6月5日(金)からNTTドコモの「ドコモ動画」で無料配信されることも決定。1話約9分で、全5話を毎週金曜日に配信予定で、織田は「映画のオマケではありません。映画の黒田が表の顔だとすれば、こちらは裏の顔。久しぶりに現場でドキドキ、ワクワクして、芝居をする快感と出合え感謝している」と、こちらも自信たっぷりだった。
引用はここまでです。 記事を書いた人のセンスがいいです。私にもできるでしょうか。
PR
webプログラマ 派遣 転職活動 戸田恵梨香 ギャル動画


スポンサーサイト


  • 2011.12.13 Tuesday
  • -
  • 22:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」